電気柵に対する安全確保をお願いします

更新日:2021年03月10日

 平成27年7月19日に静岡県西伊豆町で、獣害対策の電気柵による感電死亡事故が発生しました。本市においても、有害獣による農作物への被害対策を図るため、電気柵が設置されています。事故防止のため以下の点をお守りいただくようお願いします。

市民の皆様、いすみ市を訪れる皆様へ

  1. 不用意に電気柵に近づかないこと。
  2. 電気柵に触らないこと。

電気柵設置者の皆様へ

 電気柵は獣害対策として、有用なものではありますが、適切な設置や安全管理が求められています。つきましては、下記事項の点検を早急に実施していただきますようお願いいたします。

  1. 電気柵の電気を30ボルト以上の電源(コンセント用の交流100ボルト等)から供給するときは、電気用品安全法の適用を受けている電源装置を使用すること。
  2. 上記1の場合において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に設置する場合は、危険防止のために、15ミリアンペア以上の漏電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断機を設置すること。
  3. 周囲の人が容易に確認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示の掲示を行うこと。
  4. 雑草等による漏電や断線が無いこと。

詳細は、農林水産省ホームページおよび経済産業省ホームページをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

農林課 鳥獣・里山対策室

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

電話番号:0470-62-1280
ファックス:0470-63-1252

メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか