軽自動車税(種別割・環境性能割)の税率について

更新日:2021年08月27日

軽自動車税(種別割)の税率について

令和元年度10月1日から、従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されます。

平成26年度税制改正及び平成27年度税制改正により、車体課税のあり方を含めた自動車関係税制の抜本的見直しが行われました。平成27年度・平成28年度以後、軽自動車税の税率が次のとおり変更になります。

原動機付自転車・2輪車等について(平成28年度課税~)

平成28年度課税以後、次のとおりとなります。

(注意:当初、平成26年度税制改正により平成27年度課税から税率の引き上げを実施する予定でしたが、平成27年度税制改正により実施期間が1年延期されました)

原動機付自転車・2輪車等の税率一覧
種別区分(車種) 平成28年度からの税率(年税額) 平成27年度までの税率(年税額)
【原動機付自転車】
総排気量50cc以下のもの又は定格出力0.6キロワット以下のもの
⇒【いすみ市:白色ナンバー】
2,000円 1,000円
【原動機付自転車】
総排気量50ccを超え90cc以下のもの又は定格出力0.6キロワットを超え0.8キロワット以下のもの
⇒【いすみ市:黄色ナンバー】
2,000円 1,200円

【原動機付自転車】
総排気量90ccを超え125cc以下のもの又は定格出力0.8キロワットを超え1キロワット以下のもの
⇒【いすみ市:桃色ナンバー】

2,400円 1,600円
【原動機付自転車】
3輪以上のもので
総排気量20ccを超え50cc以下のもの又は定格出力0.25キロワットを超え0.6キロワット以下のもの
⇒【いすみ市:水色ナンバー】
3,700円 2,500円
【小型特殊自動車】
農耕作業用(最高時速35キロメートル未満)
⇒【いすみ市:緑色ナンバー】
2,400円 1,600円
【小型特殊自動車】
その他のもの(最高時速15キロメートル以下)
⇒【いすみ市:緑色ナンバー】
5,900円 4,700円
【軽自動車】
2輪のもので、総排気量125ccを超え
250cc以下のもの(側車付のものを含む)
⇒【袖ヶ浦ナンバー】
3,600円 2,400円
【2輪小型自動車】
総排気量250ccを超えるもの
(側車付のものを含む)
⇒【袖ヶ浦ナンバー】
6,000円 4,000円

4輪以上及び3輪の軽自動車について(平成27年度課税~)

  • 平成27年3月31日以前に登録されている車両および最初(新車)の新規検査済みの車両は、旧税率(下表1.)から変更はありません(注意:平成28年度以後に、下表3.に該当する可能性があります)
  • 平成27年4月1日以後に最初(新車)の新規検査を受けた車両については、新税率(下表2.)により課税となります。
  • 平成28年度以後、最初(新車)の新規検査から13年を経過した車両については、重課(下表3.)の税率により課税となります。

(注意)最初(新車)の新規検査を受けた年月については、車検証の"初度検査年月"で確認することができます。

4輪以上及び3輪軽自動車の税率一覧
種別区分(車種) 【平成27年度から】
1.平成27年3月31日
以前に登録(旧税率)
【平成27年度から】
2.平成27年4月1日
以後に登録(新税率)
【平成28年度から】
3.新車新規登録から
13年経過車両(注釈)
軽自動車 【袖ヶ浦ナンバー】
3輪のもので総排気量660cc以下
3,100円 3,900円 4,600円
軽自動車 【袖ヶ浦ナンバー】
4輪以上のもので総排気量が660cc以下のもの 乗用(営業用)
5,500円 6,900円 8,200円
軽自動車 【袖ヶ浦ナンバー】
4輪以上のもので総排気量が660cc以下のもの 乗用(自家用)
7,200円 10,800円 12,900円
軽自動車 【袖ヶ浦ナンバー】
4輪以上のもので総排気量が660cc以下のもの 貨物用(営業用)
3,000円 3,800円 4,500円
軽自動車 【袖ヶ浦ナンバー】
4輪以上のもので総排気量が660cc以下のもの 貨物用(自家用)
4,000円 5,000円 6,000円

(注釈)動力源又は内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車並びに被けん引車を除きます。

4輪以上及び3輪の軽自動車(種別割)のグリーン化特例(平成28年度課税のみ)

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初(新車)の新規検査を受けた車両で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成28年度分の軽自動車税(種別割)の税率を軽減する特例措置です。

軽減される税率一覧
対象車 内容
【乗用】
電気自動車・天然ガス自動車
4.概ね75%軽減
【乗用】
★★★★(星4つ)かつ 平成32年度燃費基準+20%達成車
5.概ね50%軽減
【乗用】
★★★★(星4つ)かつ 平成32年度燃費基準達成車
6.概ね25%軽減
【貨物用】
電気自動車・天然ガス自動車
4.概ね75%軽減
【貨物用】
★★★★(星4つ)かつ 平成27年度燃費基準+35%達成車
5.概ね50%軽減
【貨物用】
★★★★(星4つ)かつ 平成27年度燃費基準+15%達成車
6.概ね25%軽減
  • (注意)天然ガス自動車:平成21年排出ガス10%軽減
  • (注意)★★★★(星4つ):平成17年排出ガス基準75%低減達成車
グリーン化特例適用後の税率一覧
車種区分 税率(年額)
2.新税率
税率(年額)
グリーン化特例
4.概ね 75%軽減
税率(年額)
グリーン化特例
5.概ね 50%軽減
税率(年額)
グリーン化特例
6.概ね 25%軽減
【3輪】
総排気量660cc以下
3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
【4輪以上】
総排気量660cc以下 乗用(営業用)
6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
【4輪以上】
総排気量660cc以下 乗用(自家用)
10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
【4輪以上】
総排気量660cc以下 貨物用(営業用)
3,800円 1,000円 1,900円 2,900円
【4輪以上】
総排気量660cc以下 貨物用(自家用)
5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
  • (注意1)燃費基準の達成状況は、車検証の備考欄でご確認ください。
  • (注意2)平成28年度課税以後も、同様の措置が講じられる見込みです。

軽自動車税(環境性能割)の税率について

令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、自動車の燃費性能等に応じて自動車の取得時に納付する「環境性能割」(市税)が導入されます。

軽自動車税(環境性能割)の税率については、下記の表のとおりです。

環境性能割の税率(乗用車)
軽自動車税(三輪以上)の車種区分 税率(%)
電気軽自動車等 自家用 非課税
営業用 非課税
ガソリン・ハイブリッド車 2030年度基準75%達成 自家用 非課税
営業用 非課税
2030年度基準60%達成 自家用 1%
営業用 0.5%
2030年度基準55%達成 自家用 2%
営業用 1%
上記以外 自家用 2%
営業用 2%

(注釈)電気軽自動車等とは、電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成21年度排出ガス規制NOx10%以上低減又は平成30年度排出ガス規制適合)のことをいいます。

(注釈)ガソリン車、ガソリンハイブリッド車については、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)又は、平成30年排出ガス基準50%低減達成車(★★★★)に限ります。

(注釈)令和元年度10月1日から令和3年12月31日までの間に取得した軽自動車(自家用)については、税率が1%軽減されます。

(注釈)令和3年度税制改正により、令和3年3月31日までとなっていた環境性能割の臨時的軽減措置が令和3年12月31日まで延長になりました。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 課税班

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

電話番号:0470-62-1116
ファックス:0470-63-1252

メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか