子どもと大人のインフルエンザ予防接種の費用を一部助成します

更新日:2021年10月01日

市ではインフルエンザ感染による重症化や合併症の発症を予防するため、インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。今年度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念されており、インフルエンザ感染による重症化の予防や、症状の類似しているインフルエンザを予防することで医療負担の軽減することを目的に、今期に限り費用助成の年齢を拡大します。下記の表を確認し、接種してください。

インフルエンザ予防接種の費用助成詳細
対象者 費用助成額 費用助成期間 償還払い 契約医療機関

 

令和3年9月30日時点において生後6か月以上65歳未満(S32年3月1日~R3.3.31生)

 

13歳未満は2,000円まで2回
13歳以上は2,000円まで1回
(生活保護及び準要保護制度利用者は全額助成)

3歳未満   令和3年10月1日~令和4年1月31日

 

小児インフルエンザ任意予防接種医療機関(PDFファイル:278.5KB)
 

3歳以上   令和3年10月1日~令和4年2月28日
任意インフルエンザ予防接種医療機関(PDFファイル:310KB)

(注釈) 60~64歳の方で障害を有する方(心臓、腎臓、呼吸器の機能または、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級程度)

★「受診券」を事前送付していますが救済制度や使用する様式が異なります。接種前に大原保健センターへご連絡ください。

2,000円まで
(生活保護受給者は全額助成)
市との契約医療機関:令和3年10月1日~令和4年3月31日
その他千葉県内契約医療機関 令和3年10月1日~令和3年12月31日
× 定期インフルエンザ予防接種医療機関(PDFファイル:136.9KB)

 

65歳以上の高齢者(昭和31年9月30日以前生まれ)

 

 

令和3年10月1日以降、令和3年度内に65歳到達する方(昭和31年10月1日~昭和32年2月28日生まれ) 2,000円まで
(生活保護受給者は全額助成)
接種日時点で65歳
市との契約医療機関:令和3年10月1日~令和4年3月31日
その他千葉県内契約医療機関:令和3年10月1日~令和3年12月31日
× 定期インフルエンザ予防接種医療機関(PDFファイル:136.9KB)
2,000円まで
(生活保護受給者は全額助成)

接種日時点で64歳
令和3年10月1日~令和4年2月28日

任意インフルエンザ予防接種医療機関(PDFファイル:310KB)
  • いずれも接種日当日において、いすみ市に住民登録がある方が対象です。
  • 対象者の方には、個別にて通知しております。通知しましたお知らせ文の内容をご確認ください。

(注釈)60~64歳の方で障害を有する方(心臓、腎臓、呼吸器の機能または、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有し身体障害者手帳1級をお持ちの方)は、受診券または予診票を発行しますので、接種前に大原保健センターへご連絡ください。

償還払いの手続きについて(65歳未満の方)

接種当日が65歳未満の方〔(注釈) 60~64歳の方で障害を有する方を除く)〕で、契約医療機関でない医療機関で接種される場合は、同封の「受診券」が利用できません。

その場合は接種後に、領収書と各種添付書類を添えて申請することにより、1回2,000円までの接種費用(年齢によって助成回数が異なる)についてを、還付することができます。

 

償還払いができる場合

1.市との契約医療機関以外で接種した場合

2.受診券を紛失したため、持参せずに接種を受けた場合

(注釈)申請期限は令和4年3月31日までです。

申請に必要なもの

  • 任意インフルエンザ予防接種費用助成金交付申請書
  • 領収書
  • 「母子健康手帳」または「接種済証」または「診療明細書」

(注釈)領収書で接種したワクチンがわかる場合は不要

  • 認印(朱肉を使用するもの)
  • 未使用の受診券
  • 申請者(保護者)の振込先口座の通帳等
  • 委任状(申請者が代理人の場合)

小児・任意インフルエンザ予防接種費用助成金交付申請書

この記事に関するお問い合わせ先

健康高齢者支援課 健康づくり班

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

電話番号:0470-62-1162
ファックス:0470-63-1252

メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか