42歳から59歳の男性を対象に風しん抗体検査及び風しんの定期接種を実施します

更新日:2021年10月19日

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、「風しん抗体検査及び予防接種法に基づく風しんの定期予防接種」を実施しています。

 これまで定期予防接種を受ける機会がなく、抗体保有率が他の年代に比べて低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間生まれの男性を対象に抗体検査・予防接種をうけることができます

対象者

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

 令和元年度に発送したクーポン券を使用することができます。

使用期限:2022年2月末日まで

昭和41年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性

 令和2年度に発送した受診券(クーポン券)を使用することができます。

有効期限:2022年2月末日まで

昭和37年4月2日から昭和41年4月1日生まれの男性

 令和3年4月に受診券(クーポン券)を発送しました。

有効期限:2022年2月末日

 

紛失等で受診券(クーポン券)がお手元にない場合

受診券(クーポン券)がお手元にない場合は、再発行することが可能です。

大原保健センターまでご連絡ください。

 

大原保健センター 電話:0470-62-1162

風しんの抗体検査

受診券(クーポン券)を持参し、実施医療機関等で「風しん抗体検査」を受けます

  平成26年4月以降に風しん抗体検査を実施した結果、十分な量の風しん抗体が判明している方で、抗体検査結果票等の証明となる記録がある方は、今回改めて抗体検査や風しん予防接種を行う必要はありません。

実施手順

  1. 検査の実施を希望する医療機関・健診機関に、事前に実施確認の連絡をしてください。
  2. 検査当日は、交付された受診券(クーポン券)を持参してください。
  3. 受診券(クーポン券)、本人確認書類(運転免許証等)の確認を受けた後に、予め実施機関に用意されている受診票に必要な事項を記入して、検査を受けてください。

風しんの予防接種について

抗体検査の結果、抗体価が低く(HI法で8倍以下など)、風しんの予防接種を受ける必要のある方は、医療機関にて「風しん予防接種」を受けます。

実施手順

  1. 事前に予防接種協力医の所属する医療機関に予約をする。
  2. 予防接種当日に、受診券(クーポン券)と風しん抗体検査の結果、本人確認書類(運転免許証等)を持参する。
  3. 医療機関に予め用意されている予診票の各項目を記入し、予診の結果、接種が可能となった場合、麻しん風しん(MR)混合ワクチンの予防接種を受ける。
  4. 接種後に交付される接種済み証は各自で保管する。

いすみ市 風しん任意予防接種助成について

平成2年4月1日以前生まれで60歳までの方に、風しん任意予防接種の助成を行っていますが、対象年齢が同じ男性については、「風しん抗体検査及び定期予防接種」のみの対象となります。

風しん追加的対策の受診券(クーポン券)が使用できる医療機関等について

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関であれば、全国どこでも受診券(クーポン券)を使用することができます。

詳細については下記ホームページよりご確認ください。

 

風しん追加的対策について(厚生労働省)

この記事に関するお問い合わせ先

健康高齢者支援課 健康づくり班

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

電話番号:0470-62-1162
ファックス:0470-63-1252

メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか