TOP  >  トピックス一覧  >  料理人のレシピを共有した特産品開発について

トピックス詳細

料理人のレシピを共有した特産品開発について(1月23日)

開催目的

 いすみ市は豊かな自然と里山・里海、そこで育まれる優れた食材と食文化を求め多くの人が訪れる「美食の街いすみ ~サンセバスチャン化計画~」を推進しています。
 市民をはじめ市内外の「食」に携わる多くの人々が、いすみの恵まれた農水産物の価値を知り、発信していくことが美食の街づくりの1歩になると考えます。市では、計画から4年を迎え、これまで築いてきた著名な料理人とのつながりを活かし「料理人のレシピを共有した特産品開発」を行います。

イベント内容

いすみの食材の"美味しさ"を詰め込んだ「逸品」を完成させ、市内の一般家庭にも広めることで「食」に対する意識の向上を図ります。作り上げる逸品については、基本レシピに記載されている食材は必ず使用し、独自のアレンジを加えても構わないものとします。完成した逸品は大原漁港 港の朝市で販売し、広く美食の街をPRします。

今回開発する特産品は、タコのXO醤です。

レシピ提供料理人

杉本 敬三(いすみ大使)
レストラン・ラ・フィネス(東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビルB1F)オーナーシェフ

応募方法等

詳しくは、下記の募集要項をご確認ください。
料理人のレシピを共有した特産品開発募集要項
料理人のレシピを共有した特産品開発応募用紙
料理人提供基本レシピ


問合せ先

いすみ市役所 水産商工課 いすみ産品販売戦略班
電話:0470-62-1119
メール:suisan@city.isumi.lg.jp

ページの先頭へ

ページトップへ