TOP  >  市民の暮らし情報  >  狂犬病予防注射について

市民の暮らし情報

戸籍ほか手続き

狂犬病予防注射について

 生後91日以上の犬の飼い主は、狂犬病予防法により、一生に一度の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。
 狂犬病予防注射は、集合注射会場か動物病院で接種させることができます。

 集合注射で接種させる場合は、下段「令和2年度狂犬病予防集合注射について」をご覧ください。

 動物病院での接種では、病院ごとに注射料金や診察料が異なりますので、各動物病院へお問い合わせください。
 また、接種後は市役所各庁舎で「狂犬病予防注射済票」の交付を受けてください。手続きには「狂犬病予防注射接種済証(獣医師発行)」、「注射済票交付手数料(1頭につき550円。ただし、新規登録の犬は、1頭につき3,550円)」及び市から送付されたはがきをご持参ください。

令和2年度狂犬病予防注射について

 新型コロナウイルス感染症の発生及びまん延の影響により、狂犬病予防注射の時期が、令和2年12月31日まで延長されました。
 まだ未接種の場合は、期日までに接種させてください。

 動物病院で接種させるときは、事前に問い合わせて混み合う時間を避けたり、マスクを着用したりして新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めてください。

令和2年度狂犬病予防集合注射について ※11月に集合注射を実施します

 4月に実施予定の狂犬病予防集合注射は、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言発令のため、4月9日以降の全日程を中止しました。
 市では、狂犬病予防注射の接種時期が延期されたこと及び動物病院での接種が困難なケースがあることなどから、千葉県獣医師会夷隅支部の協力のもと、11月に集合注射を実施します。詳しい日程や実施会場等は、こちらをご覧ください。
 未接種の犬の飼い主の方にはお知らせを郵送しましたが、まだ届いていない方や紛失してしまった方は、環境水道課まで至急ご連絡ください。

※11月の集合注射では、予備日はありません。雨天等により中止になった場合は、別の日程か動物病院での接種をお願いいたします。

※来年度の集合注射は、4月に実施する予定です。


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 環境水道課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ