TOP  >  市民の暮らし情報  >  森林の土地の所有者届出制度について

市民の暮らし情報

農林業・道路事業

森林の土地の所有者届出制度について

森林の土地を取得したときは届出が必要です。

 平成24年4月以降に新たに森林の土地の所有者となった方は、取得した土地のある市町村長への事後届出が必要です。

届出対象者

個人・法人問わず、小さな面積であっても売買や贈与、相続等により森林の土地を新たに取得した方。

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出(詳細は千葉県ホームページの「国土利用計画法の事後届出について」をご覧ください。)を提出している方は対象外。

届出対象森林

千葉県が定める地域森林計画内の森林の土地。(所有した森林が届出の対象かどうかは「ちば情報マッ」で確認するか、市にお問い合わせください。)

届出期間

森林の所有者となった日から90日以内

届出先

取得した土地のある市町村(いすみ市内の場合:農林課)

届出必要書類

(1)森林の土地の所有者届出書(下記「届出様式」参照)

(2)添付書類

  ア.位置図(任意の図面に大まかな位置を記入したもの)

  イ.登記事項証明書または売買契約書などの権利を取得したことがわかる書類の写し

届出様式

森林の土地の所有者届出書【様式】(ワード:42KB)

森林の土地の所有者届出書【記入例】(PDF:158KB)

参考

林野庁ホームページの、「森林の土地の所有者届出制度」をご覧ください。


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 農林課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ