TOP  >  市民の暮らし情報  >  環境保全型農業直接支払制度

市民の暮らし情報

農林業・道路事業

環境保全型農業直接支払制度

地球温暖化防止や生物多様性保全等など、自然環境保全に効果の高い営農活動を地域でまとまりをもって取り組んだ農業者団体等に支援を行う制度です。

環境保全型農業直接支払交付金(取組の手引き)【1,043KB】

環境保全型農業直接支払交付金(概要)【550KB】 

交付対象者

 農業者の組織する団体(一定の条件をみたした単独農業者も含む)

 ただし、下記要件を満たしていること。

 1.主作物について販売を目的に生産していること。

 2.主作物についてエコファーマー認定を受けていること。

 3.農業環境規範に基づく点検を実施していること。

対象農地

 農業振興地域内の農地

対象となる営農活動

 化学肥料及び化学合成農薬の使用を福岡県の慣行レベルから5割以上低減する取組と、以下の取組のいずれかを組み合わせて行うことが必要です。 

 1.カバークロップ

 2.炭素貯留効果の高い堆肥の水質保全に資する施用

 3.有機農業

 4.地域特認取組 

交付単価

 1.カバークロップ(8,000円/10a)

 2.堆肥の施用(4,400円/10a)

 3.有機農業(8,000円/10a)

 4.地域特認取組(3,000円/10a~) 

事業費の負担割合

 国2分の1、県4分の1、市4分の1


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 農林課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ