TOP  >  市民の暮らし情報  >  いすみ市産後ケア事業

市民の暮らし情報

子育て・教育

いすみ市産後ケア事業

 出産後に家族等から家事、育児の支援が受けられない。子育てが不安、体がつらい等育児のサポートが必要な方を対象に日帰り型(デイサービス)、訪問型のサービスでお母さんの心身のケアや育児サポートを行い、安心して子育てができるように支援します。

対象者

いすみ市に住民登録のある産後4か月未満のお母さんと赤ちゃんで、下記のいずれかに該当する方
①産後に心身の不調又は育児不安等がある方
②家族等から産後の支援が受けられない方
※産院を退院し、母子ともに医療行為の必要がなく感染症にかかっていない方が対象です。

サービス内容と種類

産後ケアハウスへ行く「日帰り型(デイサービス)」と、助産師の家庭訪問による「訪問型」があります。

サービス内容はお母さんの希望や状態に合わせて下記の中からケアを実施します。
①お母さんのケア(乳房ケア、健康状態のチェック、心身のケア)
②赤ちゃんのケア(健康状態、体重などのチェック)
③育児相談、授乳等の育児指導
④ママの休息(日帰り型)

利用料金
サービスの種類 利用料金

市民税
課税世帯

市民税
非課税世帯

生活保護世帯

日帰り型

(デイサービス)

1,800円
多胎児加算300円
900円
多胎児加算150円
無料
訪問型 1,000円 500円 無料

※多胎児加算とは双子等の多胎児の場合、2人目以降の赤ちゃん1人につき追加料金が必要です。

利用回数

産後4か月までの間に日帰り型(デイサービス)、訪問型あわせて7回まで利用できます。

いすみ市委託事業者
日帰り型(デイサービス)

もりかわ医院 産後ケアハウスまるる

所在地:いすみ市岬町長者386番地

訪問型

ハッピーマンマ羽鳥助産院

Hahatoco母乳育児相談室いのうえ助産院

ひがし母乳育児相談室

利用までの流れ

1 利用申込

 サービスの利用を希望される方は事前に申請が必要です。

 【申請の際に必要なもの】

 母子手帳・印鑑(朱肉を使う印)

 市民税非課税世帯で利用料の減額を希望される場合、申請時に非課税証明書(世帯分)の

 提出が必要です。

 生活保護世帯の方は、受給証明書の提出が必要です。

2 利用決定

 利用承認通知書・産後ケア事業利用券(7回分)を発行します。

3 利用の予約

 利用を希望する産後ケアハウスや助産院に直接予約をして下さい。

4 産後ケア事業の利用

 予約日に産後ケアハウス(日帰り型)、自宅(訪問型)でケアを受けてください。

*キャンセルは利用日の前々日(ただし、土・日・祝日、年末年始を除く)までに直接産後ケアハウス・助産院へご連絡ください。前日・当日にキャンセルされた場合はキャンセル料が発生します。

5 支払い

 利用終了後に、直接利用料をお支払いください。

 その際に利用券も渡してください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ