TOP  >  市民の暮らし情報  >  妊娠届、母子健康手帳の交付

市民の暮らし情報

子育て・教育

妊娠届、母子健康手帳の交付

妊娠届、母子健康手帳の交付

妊娠したらできるだけ早く、大原庁舎大原保健センター・岬庁舎・夷隅庁舎に来所し、妊娠の届出をしてください。母子健康手帳と妊婦・乳児一般健康診査受診票などが入った母子健康手帳別冊などを交付します。

母子健康手帳は、お母さんと赤ちゃんの健康の記録のためにとても大切で便利な手帳です。妊娠中の健康管理のほか、赤ちゃんが大きくなってからも、発育・発達の経過や予防接種の記録が役に立ちます。

母子健康手帳別冊に入っている妊婦一般健康診査票は、妊娠中に医療機関で妊婦健康診査を受けていただく際に使用します。(受診医療機関は千葉県内に限ります。県外の医療機関を受診する場合は、大原保健センターにご連絡ください。)

受診票は14回分あり、一定金額を助成しています。(自己負担額が発生する場合があります。)

母子健康手帳別冊に入っている乳児一般健康診査受診票はお子さんが生まれて、生後9~11か月時に使用するものです。使用時まで保管しておいてください。

◎交付に必要なもの
妊娠届出書にマイナンバー(個人番号)の記入とそれに伴う本人確認が必要になりました。

マイナンバーカードを持っていいる人

マイナンバーカードをご持参ください。

マイナンバーカードを持っていない人

①通知カード(緑色の紙)

②本人確認書類(健康保険証、運転免許証、パスポートなどのいずれか)

*①②いずれも必要です。

◎届出者
原則、妊婦(ご本人)さんが届出してください。届出時に妊婦さんの身体・家庭状況などをうかがう面接を行っています。妊婦さんが届出することが困難な場合は、大原保健センターに事前にご相談ください。

  市外に住民登録している妊婦さんへ
  いすみ市が交付する母子健康手帳は、いすみ市に住民票を有する妊婦さんが対象です。実際の居住地がいすみ市であっても、市外に住民票を有する方は、住民票のある市町村へお問い合わせください。

※ 市内に転入された妊婦さんへ
  妊婦・乳児一般健康診査受診票などが入った母子健康手帳別冊の交付手続きが必要です。母子健康手帳・前住所地の母子健康手帳別冊をご持参し、大原庁舎大原保健センター・岬庁舎・夷隅庁舎にお越しください。

※ 市外に転出された妊婦さんへ
  いすみ市の母子健康手帳別冊は、市外に転出した場合は使用できません。転出先市町村の母子保健係りの窓口に、母子健康手帳別冊についてお問い合わせください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ