TOP  >  市民の暮らし情報  >  貯水槽水道について

市民の暮らし情報

環境・観光・地上デジタル

貯水槽水道について

水道水の給水方式について

  給水方式には「直結式給水」と「受水槽式給水」の二通りがあります。 

直結式給水

 水道水が、配水管から蛇口まで受水槽を経由せず、水道管からの圧力

によって直接給水する方式です。

受水槽式給水

 水道水をいったん、受水槽(タンク)に貯めてからポンプを使って給水す

る方式です。

 ビルやマンション、その他により水圧が不足する建物や、一時的に大量

の水道水を使用する建物にこの方式が用いられています。

 断水時や災害時の最中においても、一定量の水の確保ができる利点

はありますが、衛生面での管理に十分配慮する必要があります。

 このように水道水をいったん受水槽・高置水槽などに貯めてから給水す

る水道を、貯水槽水道といいます。

貯水槽水道の種類

  貯水槽水道は、受水槽の有効容量等の規模により、以下のとおり区分されます。

  また、区分により「水道法」の適用を受けるものと、「いすみ市小規模水道条例」の適用を受け

ものに分類されます。

  受水槽の設置者は、定期的な点検、清掃等の適正管理に努めてください。

簡易専用水道

 水道事業者からの水道水を受ける受水槽の有効容量が10立方

メートルを超えるもの

(水道法により、1年以内に1回の定期清掃および登録機関による

検査等が義務付けられています)

小規模貯水槽水道

 水道事業者からの水道水を受ける受水槽の有効容量が10立方

メートル以下のもの

(いすみ市小規模水道条例、同施行規則により水質検査や衛生上

の措置について定められており、また当該条例に基づき、受水槽の

設置前や設置後にも各種届出が必要となります)

  ※小規模貯水槽水道についてのお問い合わせ先

     いすみ市 健康高齢者支援課  TEL 0470-62-1162

お問い合わせ いすみ市役所 環境水道課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ