TOP  >  市民の暮らし情報  >  水道水の安全性について(水道の放射性物質検査結果)

市民の暮らし情報

環境・観光・地上デジタル

水道水の安全性について(水道の放射性物質検査結果)

いすみ市の水道水は、市内ダム等の水源から取水された原水を浄水処理しているもの(浄水)のほか、利根川を水源とする大多喜浄水場(南房総広域水道企業団)にて浄水処理された浄水を受水しているもの(受水)があります。

放射性物質検査の結果、浄水分、受水分ともに「不検出」の状態が続いておりますので、ご安心ください。

(不検出・・・検出限界濃度(1ベクレル/kg)未満であることを示しています。)

検査結果につきましては、以下「検査結果一覧」をご覧ください。

検査結果一覧

○大多喜浄水場からの受水分の検査結果

  南房総広域水道企業団 ホームページ

○いすみ市内の各浄水場で浄水された水道水の検査結果

  平成28年度 測定結果

  平成27年度 測定結果

  平成26年度 測定結果

  平成25年度 測定結果

  平成24年度 測定結果

  平成23年度以前 測定結果

検査の頻度について

 平成23年3月の検査開始以降、週1回の頻度で検査を行ってきましたが、「不検出」が続いておりますため、平成25年度から検査の頻度を月1回といたしました。また、平成25年度中の検査の結果、すべて「不検出」となりましたので、今後の状況に応じて検査頻度は変更いたしますが、平成26年度以降は原則3か月に1回の検査とさせていただきます。

管理目標値について

○平成24年4月1日以降の管理目標値

  厚生労働省が定めた水道水中の放射性物質に係る基準値

   放射性セシウム   10ベクレル/kg

(放射性ヨウ素は、半減期が短いことから基準値は設定されておりません)

○平成24年3月31日以前の管理目標値

  原子力安全委員会が定めた飲食物制限に関する指標値

   放射性ヨウ素(水道水)   300ベクレル/kg

   放射性セシウム(水道水)  200ベクレル/kg

  食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値

   放射性ヨウ素(水道水)   100ベクレル/kg


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 環境水道課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ