TOP  >  市民の暮らし情報  >  水道管の凍結にご注意ください!

市民の暮らし情報

環境・観光・地上デジタル

水道管の凍結にご注意ください!

水道管を寒さから守りましょう!

 毎年1月から2月にかけて、「水道が凍って使えない」「水道管が破裂した」などの相談が増えます。水道の凍結は、水が使用できないばかりか、水道管の凍結、給湯器などの付帯器具の破損などにより、多くの修理費がかかる場合があります。(修理費はお客様の負担となります。)

水道管の凍結を防ぐには

 水道管や蛇口の部分に保温材を取り付けてください。保温材には市販品もありますが、手近なものとしては、布・縄・フェルト・コモなどがあります。これらを水道管に巻き付け、その上からビニールなどを巻いて保温してください。なお、保温材の取付は指定給水装置工事事業者でも取り扱っています。

こんな時は凍結に注意!

 冬場に気温が氷点下4度以下になると水道の水が凍結しやすくなります。特に多いのは次のような水道管です。

 ■むき出しになっている水道管

 ■北側の日陰にある水道管

 ■風当りの強い屋外にある水道管

水道管が破裂した時は

 凍結により水道管が破裂すると、水が勢いよくふき出すことがあります。このような場合は、メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止め、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

お問い合わせ いすみ市役所 水道課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ