TOP  >  市民の暮らし情報  >  自立支援医療(精神通院医療・更生医療・育成医療)

市民の暮らし情報

福祉・保険

自立支援医療(精神通院医療・更生医療・育成医療)

自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

指定の医療機関で医療を受けた場合、原則として医療費の1割が自己負担となります。ただし、所得等に応じて上限が決められていて、負担が重くなりすぎないようになっています。

精神通院医療

対   象

精神疾患により、精神科等に通院されている方

内   容

指定医療機関において、通院による診療、投薬等を受ける場合に、その治療に要する医療費の一部を公費で負担する制度です。受給者には、有効期間が1年間以内の受給者証が交付されます。

必要書類

自立支援医療支給認定申請書

医師の診断書

市民税の確認できる書類
  (非課税の場合は障害者年金・手当等の額がわかる書類)

医療保険証

印鑑

更生医療

対   象

18歳以上の身体障害者手帳所持者で、千葉県中央障害者相談センターの判定により給付が必要と判定された方

内   容

指定医療機関において、障害の程度を軽減、除去又は障害の進行を防ぐ場合に、その治療に要する医療費の一部を公費で負担する制度です。受給者には、有効期間が1年間以内の受給者証を交付します。

医療の種類

腎臓・・・・・慢性腎不全患者に対する血液透析療法や腎移植手術など

心臓・・・・・心房中隔欠損症や僧帽弁狭窄に対する手術など

免疫・・・・・抗HIV療法、免疫調節療法等

肢体不自由・・動かなくなった関節を再び動かせるようにする手術(関節形成術)、義肢の適合具合をよくする手術など

目(視覚)・・・角膜混濁による視力の低下を防ぐ手術、瞳孔閉鎖症に対する手術など

耳(聴覚)・・・外耳の変形や狭窄、閉鎖に対する手術など

小腸・・・・・小腸切除等によって行われる中心静脈栄養法

必要書類

自立支援医療支給認定申請書

医師の意見書

市民税の確認できる書類
  (非課税の場合は障害者年金・手当等の額がわかる書類)

医療保険証

身体障害者手帳

印鑑

育成医療

対   象

身体上に障害があり、そのまま放置すると将来一定の障害を残すとみられる児童で、手術等の治療によって確実な治療効果が期待できる18歳未満の児童

内   容

手術等の治療により身体上の障害が軽くなり、日常生活が容易にできるようになる児童が、指定育成医療機関において治療等を受ける場合に、その治療に要する医療費の一部を公費で負担する制度です。受給者には、有効期間が1年以内の受給者証が交付されます。

医療の種類

肢体不自由、聴覚障害、聴覚・平衡機能障害・音声、言語・そしゃく障害、心臓障害(外科的治療)、腎臓障害、小腸機能障害、その他の内臓障害、免疫機能障害によるもの

お問い合わせ いすみ市役所 福祉課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ