TOP  >  市民の暮らし情報  >  ロタウイルスワクチンが定期接種化されます

市民の暮らし情報

福祉・保険

ロタウイルスワクチンが定期接種化されます

ロタウイルスワクチンが定期接種化されます

 令和2年10月1日から、ロタウイルス予防接種が定期予防接種(予防接種法に基づく)となります。

接種対象者

令和2年8月1日以降に生まれた方

(令和2年8月生まれ以降の方については、予診票を順次発送いたします。)

【注意事項】

 ①令和2年7月31日以前生まれのお子さんは「任意接種」となります。いすみ市では、ロタウイルスワクチン任意接種の費用助成を行っています。こちらをご覧ください。

定期接種開始日

令和2年10月1日から

【注意事項】令和2年9月30日以前に接種された場合は「任意接種」となります。

≪定期接種・任意接種確認表≫

接種確認表.png

ロタウイルスワクチンについて

 ワクチンには2種類あります。いずれのワクチンもロタウイルスの病原性を弱めて精製し、シロップ状にした飲む生ワクチンです。2つのワクチンについては有効性、安全性に関しては同等であると世界的(WHO,CDCなど)に評価されています。 

ワクチンの種類

ロタリックス(1価

ロタテック(5

接種回数・接種量

1回1.5mlを4週間以上の間隔をあけて2回経口接種(最短で27日以上あける)

1回2mlを4週間以上の間隔をあけて3回経口接種(最短で27日以上あける)

接種可能期間

生後6週0日後から24週0日後までの間

1回目の接種は遅くとも生後20週までに開始する必要があります

生後6週0日後から32週0日後までの間

1回目の接種は遅くとも生後24週までに開始する必要があります

※どちらのワクチンも1回目の接種を生後14週6日までに開始することが推奨されています。

※接種開始後にワクチンを変更することはできません。必ず同じワクチンで接種してください。

接種後の注意点

 接種直後は、医療機関で30分程度様子を見てから帰宅してください。高熱やけいれん等異常を感じた場合はすぐに医師の診察をうけてください。また、接種して1~2週間は腸重積の症状に注意してください。なお、ワクチン接種後2週間ほどは、便の中にワクチンウイルスが含まれることがあります。おむつ交換の後は丁寧に手洗いしてください。

【腸重積とは】

 腸が腸に入り込み、閉塞状態になることです。ワクチン接種後、副反応としてわずかながら腸重積を発症する可能性があります。

 主な症状として、泣いたり不機嫌が続く、嘔吐を繰り返す、ぐったりして顔色が悪い、血便が出る等があります。このような症状が出た場合には、すみやかに医療機関を受診しましょう。

ロタウイルス感染症とは

 ロタウイルスは主に乳幼児を中心に冬から春先にかけて流行します。5歳までにほとんどのお子さんが感染するといわれ、乳幼児の胃腸炎のなかでは最もひどくなりやすいことが知られています。ウイルスに感染すると2~3日間の潜伏期の後、繰り返される嘔吐と下痢、発熱などの症状が1週間ほど続きます。激しい嘔吐と下痢により、脱水症状を起こすこともあります。体の小さいうちに初めて感染すると重症化しやすく、入院による治療が必要になることがあります。

 ウイルスにはいくつかの型がありますので、1度かかっても他の型に感染することにより何度もかかることがあります。

予防接種実施医療機関

夷隅管内予防接種協力医療機関一覧.pdf

※上記の掲載している医療機関のうち、ロタウイルス部分に〇のついている医療機関で実施可能です。

千葉県相互乗り入れロタウイルス協力医療機関.xls

※千葉県内定期予防接種相互乗り入れとは、かかりつけ医がいすみ市外の場合や、里帰り等やむを得ない事情により、いすみ市で予防接種が出来ない場合は、掲載されている接種協力医療機関にて定期予防接種を受けることが出来ます。


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ