TOP  >  市民の暮らし情報  >  小児インフルエンザ任意予防接種費用助成

市民の暮らし情報

福祉・保険

小児インフルエンザ任意予防接種費用助成

市ではインフルエンザ感染による重症化や合併症の発症を予防するため、任意で接種するインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

対象の方には「いすみ市小児インフルエンザ任意予防接種受診券」を2枚発送しています。

<接種対象者>

平成26年10月1日~平成29年3月31日生まれで、接種日においていすみ市に住民登録のある方

(平成29年9月30日時点で、生後6か月以上3歳未満のお子さん)

<助成期間>

平成29年10月1日から平成30年1月31日まで

接種間隔などの接種スケジュールは医療機関とご相談ください。

<助成内容>

接種1回につき2000円を助成(年間2回まで)

「いすみ市小児インフルエンザ任意予防接種受診券」を裏面契約医療機関に提出し予防接種を受け、接種に要した費用から2000円を控除した額を医療機関に支払ってください。

※受診券を使用しなかった場合や市と契約していない医療機関で接種をする場合

全額自己負担し、接種後に助成の申請をしてください。助成費用を振込みしますので、接種後に以下のものを揃えて保護者の方が大原保健センターで申請してください。

 ・接種を証明する物(母子健康手帳または接種済み証)

 ・予防接種に係る領収書

 ・認印(朱肉を使用する物)

 ・未使用の受診券

 ・振込み口座先がわかるもの

<留意事項>

・インフルエンザ予防接種を受ける前に、担当の医師と相談し、必要性や副反応について十分に理解しましょう。

・いすみ市小児インフルエンザ任意予防接種の費用助成は重症化予防と任意予防接種の費用負担軽減を目的としていますので必ず接種をしなければならないわけではありません。

・「いすみ市小児インフルエンザ任意予防接種受診券」は金券扱いとなりますので、再発行はできませんのでご注意ください。再発行は破損して使えない場合や災害等で使用できなくなった場合に限ります。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ