TOP  >  市民の暮らし情報  >  おたふくかぜ予防接種の費用助成を拡大

市民の暮らし情報

福祉・保険

おたふくかぜ予防接種の費用助成を拡大

おたふくかぜ予防接種の費用助成を拡大

 市では、予防接種で防げる病気から子どもたちを守るため、ワクチン接種の費用助成を行っています。
 任意予防接種として助成を行っていた、おたふくかぜ予防接種を平成26年4月1日から下記のとおり拡大していますので、重症化や合併症を防ぐために2回目の接種を行いましょう。

 変更(拡大)内容  平成26年4月1日~

 予防接種の種類

助成回数

対象年齢

 おたふくかぜ

1回 → 2回まで

5歳未満 → 小学校に就学する日の前日まで      

予防接種Q&A

Q:なぜ2回目の接種が必要なのですか?

A:1回の接種では病気を予防するための抗体が十分に得られなかったり、
  接種から時間が経過すると抗体が下がってきてしまうことがあります。その
  ため2回目の接種が推奨されています。

Q:2回目はいつ接種したらいいですか?

A:1回目は1歳になったら、2回目は小学校就学前(年長さん)の1年の間
  に接種を受けましょう。

 ※詳しい接種時期については、かかりつけ医と相談しながら決めましょう。

(お申込み方法)

 費用助成を受けるためには、事前の申込みが必要です。母子健康手帳と印鑑(朱肉を使用するもの)をお持ちの上、保護者の方が大原保健センター・夷隅庁舎・岬庁舎のいずれかでお申込みください。(お急ぎの場合は大原保健センターにお越しください。)

(接種方法)

 市が契約した医療機関での個別接種となります。(お申込みの際にお知らせします。)

(助成対象)

 費用助成は平成26年4月1日以降に接種したものに限ります。

ご不明な点は下記にお問合せください。
 問合せ先  大原庁舎 健康高齢者支援課 健康づくり班
         (大原保健センター) 電話 62-1162

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ