TOP  >  市民の暮らし情報  >  肺炎球菌予防接種費用助成(高齢者)

市民の暮らし情報

福祉・保険

肺炎球菌予防接種費用助成(高齢者)

 肺炎球菌の予防接種とは

 肺炎はいすみ市の死因の中で高くなっています。
 肺炎による全死亡者数の約9割は65歳以上です。
 肺炎球菌の予防接種は、肺炎の感染と重症化を予防するための有効な方法です。
 肺炎球菌予防接種の再接種を受ける場合は、5年以上の十分な間隔が必要です。

ワクチン接種費用の助成について

 市では、高齢者の肺炎球菌予防接種費用のうち、2,000円を助成します。

 ・定期対象者
  ①当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、
    100歳となる方
  ②60歳以上65歳未満の方であって心臓、腎臓もしくは呼吸器
    の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害
    を有する方(申し出があった場合のみ)。
  ※すでに接種を受けたことがある方は対象外です。
 ・任意対象者
  65歳以上で以前に助成を受けていない方。
  ※任意で接種を受ける方は、事前に申請が必要となります。
    詳細は、下記までお問い合わせください。

接種実施医療機関

平成29年度 肺炎球菌予防接種実施医療機関一覧.xls

 
※肺炎球菌の予防接種を受けられる医療機関は、市が契約する上記の医療機関です。このほかの医療機関で接種を希望する場合は、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ