TOP  >  市民の暮らし情報  >  子どもの予防接種

市民の暮らし情報

福祉・保険

子どもの予防接種

予防接種を受けるにあたって

予防接種のスケジュールについて

・乳幼児の予防接種は保護者がスケジュールを立て、医療機関で接種を受ける個別予防接種です。
・スケジュールを立てる際は以下のことを考慮し、優先度に注意しましょう。
①定められた接種期間や望ましい接種期間
②次の予防接種との接種間隔
③体調や病気の流行など
ご不明な点は下記にお問合せください。

予防接種を受ける際の注意事項

※『予防接種とこどもの健康』の冊子をよく読み、予防接種について、その特徴や副反応などを理解したうえで接種を受けましょう。
母子健康手帳・予診票(記入済みのもの)をご持参ください。
必ず保護者(父または母、あるいは親権者にあたる方)が同伴してください。保護者以外の方の同伴による予防接種は予防接種法に基づく定期予防接種とはならないため、もし健康被害が発生した場合、市町村による健康被害の救済措置の対象になりません。保護者が同伴できない場合は委任状が必要となりますので、下記にご相談ください。

※個別接種は、医療機関に事前予約が必要です。
時間帯や曜日などが限られている場合もありますので、詳しくは医療機関にお問合せください。

予防接種実施医療機関

いすみ市が実施・費用助成する予防接種は、原則いすみ市と契約している医療機関での接種となります。かかりつけ医が次の一覧表の医療機関以外であり、そちらで接種を希望する場合は、下記にお問合せください。

医療機関一覧(H29.4.1 -).xlsx

定期の予防接種

定期の予防接種とは

 定期の予防接種とは、予防接種法によって、対象となる病気や対象者、接種期間などが定められており、対象者は予防接種を受けるよう努めなければならないとされています。原則、住民票のある市町村が実施し、費用は無料です。
※市の予診票を使用しないで接種を受けた場合は、全額自己負担になります。ご注意ください。

定期の予防接種の種類

生ワクチン

不活化ワクチン

BCG、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、水痘

ジフテリア百日せき破傷風ポリオ(四種混合)、ジフテリア破傷風(二種混合)、ポリオ(IPV)、小児の肺炎球菌感染症、Hib感染症、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)、日本脳炎、B型肝炎

生ワクチンを受けた後、他の種類の予防接種を受ける場合は、接種日翌日から27日以上の間隔をあける。

不活化ワクチンを受けた後、他の種類の予防接種を受ける場合は、接種日翌日から6日以上の間隔をあける。

※同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔があるので、注意してください。

不活化ポリオワクチンの予防接種について

平成24年9月1日からポリオの定期予防接種は生ワクチンから不活化ワクチンによる接種に変わりました。

不活化ポリオワクチンに関するQ&Aはこちらをご参照ください。



日本脳炎の予防接種について
  • 日本脳炎ウイルスに感染しているブタなどの動物を吸血してウイルス保有した蚊に刺されることで人に感染します。感染すると、高熱、嘔吐、頭痛、意識障害、けいれんなどが起こります。日本脳炎はワクチンで予防することができます。第1期は生後6か月から接種できます。かかりつけの医師と相談のうえ、接種をすすめてください。
  • 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。 その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。
  • 平成7~18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっていることがあります。特に平成13~18年度生まれのお子様は、1期接種が終わっていないことがあります。 これらのお子様には、順次接種のご案内を行い、定期の予防接種として積極的に接種をお勧めする対象を区切り、お知らせしています。

※ご案内の対象となっていない場合でも、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで、1期・2期の接種が終わっていないお子様は、20歳未満までの間、接種を受けることができますので、希望する方は下記にお問合せください。

麻しん・風しんの定期予防接種について
  • 麻しん風しん1期(1歳以上2歳未満)予防接種は、1歳の誕生日を迎えたらなるべく早めに接種を受けましょう。
  • 2期(小学校就学前の1年間)予防接種も忘れずに受けましょう。予防接種による予防効果は高いものの、1歳時に受けた1回目の予防接種だけでは免疫が得られないことがあったり、獲得した免疫を高く維持することが難しい状況にあるため、2回目の予防接種が必要です。
  • 麻疹は伝染力が強く、脳炎などの合併症や死亡も起こり得ます。
  • 風疹の症状は子供では比較的軽いですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が、2,000人から5,000人に一人くらいの割合で発生することがあります。その点では軽視できない病気です。また、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。妊婦とくに、妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。
  • 個人だけではなく、周りの人のためにも、対象者は早めに予防接種を受けましょう。詳しくは、個別通知をご覧ください。

任意の予防接種

いすみ市では下記の任意予防接種について費用助成を希望者に行います。助成を受けるには接種前に申請が必要となりますので、接種を希望される方は下記のとおり申請してください。

ワクチンの種類 助成対象者 助成回数 申込注意事項
ロタウイルス(1価) 生後6週~24週までの間(1回目の接種は遅くとも生後20週までに開始する必要があります) 1人につき2回

出生後から接種可能時期まで申込みを受け付けます。

申請受付時に1価と5価のいずれか、希望するワクチンの予診票をお渡しします。
ロタウイルス(5価) 生後6週~32週までの間(1回目の接種は遅くとも生後24週までに開始する必要があります) 1人につき3回
おたふくかぜ 1歳~小学校就学前まで(いわゆる保育所等年長児の3月31日まで)

1人につき2回

小児科医会等では2回接種を推奨しています。
1歳の誕生日前日から申し込み受付を開始します。
小児の肺炎球菌予防接種の補助的追加接種(13価ワクチンでの接種) 5歳未満児※で、平成25年10月31日までに肺炎球菌予防接種を7価ワクチンで既定の回数を完了した方 1人につき1回

4歳児は5歳の誕生日の前日までに接種できる場合にのみ助成します。
平成25年11月1日以降に既に13価ワクチンで補助的追加接種を自費で受けられた方は、償還払いの手続きをしてください。詳しくは下記にお問合せください。

※「5歳未満児」とは、5歳の誕生日前日までの期間を指します。
接種方法

【契約医療機関で接種する場合】
保護者の方が接種前に申請してください。
申請受付後に予診票を発行しますので、実施医療機関に予約の上接種してください。全額助成のため無料です(契約医療機関において、市で発行する予診票を持参せずに接種した場合は自己負担となりとなりますのでご注意ください)。

【契約医療機関以外で接種する場合】
市が発行する予診票は使用できません。(事前申請不要)
費用は市の助成額を上限に償還払いができます。償還払いの手続き等については下記にお問合せください。
なお、契約医療機関以外で償還払いの場合、予防接種による健康被害の救済は市としてはできませんので、ご了承ください。

申請窓口

大原保健センター、夷隅庁舎、岬庁舎
お急ぎの場合は、大原保健センターへお越しください。

受付日時

月曜~金曜(祝日および12月29日~1月3日を除く)
8:30~17:15

持参するもの 母子健康手帳、印鑑(朱肉を使うもの)

※保護者以外の方が代理で申請する場合、また、予防接種当日に保護者以外の方が同伴する場合は委任状が必要となります。

ご不明な点は下記にお問合せください。

問合せ先  大原庁舎 健康高齢者支援課 健康づくり班
(大原保健センター) 電話 62-1162


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ