TOP  >  市民の暮らし情報  >  国民年金

市民の暮らし情報

福祉・保険

国民年金

※国民年金は、日本に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければなりません。

 加入手続き等は、大原・夷隅・岬の各庁舎で取扱いが可能です。

国民年金の加入者は、次の3種類に分かれています。

区分加入者手続き保険料の納入方法
第1号 被保険者 自営業・農業・学生・アルバイト・無職の方など 加入者自身が市で行ないます。 加入者自身が納めます。
第2号 被保険者 会社員・公務員など 勤務先の事業所が行ないます。 勤務先の厚生年金などの年金制度により厚生年金保険料(共済組合の掛金)として給料から納めます。
第3号 被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者 扶養している方の勤務先の事業所が行ないます。 扶養している方の加入年金制度により納めます。

次のような場合は、届出をしてください。

こんなときは(手続きが必要なとき)どこで(手続きの場所)どのように(手続きに必要なもの)
国民年金に加入しなければならないとき

20歳になったとき

  • 大原庁舎
    市民課 後期高齢年金班
  • 夷隅庁舎
    地域市民課 市民班
  • 岬庁舎
    地域市民課 市民班
  • 国民年金加入届(社会保険事務所から送付されたもの)
会社をやめたとき
  • 年金手帳
  • 退職年月日のわかる書類
会社員である配偶者の扶養(健康保険)からはずれたとき
  • 年金手帳
  • 扶養をはずれた年月日のわかる書類
任意加入するとき
  • 年金手帳
  • 配偶者の年金手帳
  • 預金通帳
  • 通帳の届出印など
加入の必要がなくなるとき 会社に就職したとき
  • 勤務先
死亡したとき
  • 大原庁舎
    市民課 後期高齢年金班
  • 夷隅庁舎
    地域市民局 地域市民班
  • 岬庁舎
    地域市民局 地域市民班
  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 年金証書
  • 預金通帳(末支給年金を受給する遺族のもの)
  • 戸籍全部事項証明(謄本)
  • 住民票(世帯全員・除票)など
その他 転入したとき
  • 年金手帳
保険料を納められないとき
(免除申請・学生納付特例申請)
  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 学生は、学生証の写しまたは在学証明書
年金手帳をなくしたとき
  • 印鑑
老齢福祉年金受給者が転入したとき
  • 国民年金手帳
    (老齢福祉年金証書)
年金を請求するとき
(1号被保険者期間のみの方)
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 配偶者の年金証書(手帳)
  • 預金通帳
  • 戸籍全部事項証明(謄本)
  • 住民票(世帯全員)など

任意加入被保険者(希望すれば加入できる方)

  • 60歳以上65歳未満の方
  • 外国に在住している日本人(20歳以上65歳未満)
  • 60歳未満の退職年金や老齢年金の受給者

ねんきんダイヤル(一般相談)

  • TEL:0570-05-1165
  • IP・PHS専用:03-6700-1165

日本年金機構ホームページ

ねんきんネット


お問い合わせ先

大原庁舎 市民課 後期高齢年金班 0470-62-1115
夷隅庁舎 地域市民局 地域市民班 0470-86-2112
  岬庁舎 地域市民局 地域市民班 0470-87-2112

お問い合わせ いすみ市役所 市民課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ