TOP  >  市民の暮らし情報  >  後期高齢者医療制度

市民の暮らし情報

福祉・保険

後期高齢者医療制度

平成204月1日から「老人保健制度」は、「後期高齢者医療制度」へ変わりました。

(1)対象となる方

  • 75歳以上の方(75歳の誕生日から)
  • 65歳以上75歳未満で一定の障害がある方(千葉県後期高齢者医療広域連合に届出をして、認定を受けた方)

(2)保険者証

  • 1人に1枚交付されます。
  • 保険証には自己負担割合(1割または3割)が明記されています。

(3)給付

  • 医療機関等の窓口で支払う医療費は、1割負担(現役並み所得者は3割負担)となります。自己負担が限度額を超えた分は、高額療養費として支給されます。
  • 入院時の食事療養費、入院時の生活療養費、保険外併用療養費、訪問看護療養費、移送費及び高額介護合算療養費等の給付が受けられます。
  • 被保険者が亡くなられたとき、葬儀を行った方に葬祭費5万円が支給されます。
  • 被保険者の健康診査は、市が広域連合から委託され実施します。

(4)保険料

  • 一人ひとりに保険料を納めていただきます。
  • 原則として年額18万円以上の年金を受給されている方は、年金から天引きされます(特別徴収)。それ以外の方は、納付書により納めていただきます(普通徴収)。
特別徴収:年6回支給される年金から天引きされます。
普通徴収:納付書による納付や口座振替で納めてください。
(7月(第1期)~翌年2月(第8期)までの年8回)

【特別徴収の方は、平成21年4月分から「年金から天引き」と「口座振替」のいずれかの選択制となりました。】

  • 保険料は、加入者(被保険者)全員が負担する「均等割額」と所得に応じて負担する「所得割額」を合計して、千葉県後期高齢者医療広域連合で決定します。

平成28年度および平成29年度の2年間については下記のとおりです。

均等割額=1人当たり4万400円
所得割額=【(総所得金額-基礎控除額(33万円)】×7.93パーセント
※収入が公的年金額のみで、153万円以下の場合は、所得割額はかかりません。

  • 所得の低い方は、世帯の所得水準に応じて保険料が軽減されます。

均等割額
軽減割合世帯(加入者(被保険者)と世帯主)の総所得額など
9割軽減 8.5割軽減に該当し、世帯内の加入者(被保険者)全員が年金収入80万円以下で他の所得がない世帯
8.5割軽減 世帯内の加入者(被保険者)全員と世帯主の所得金額の合計額が33万円以下の方
5割軽減 基礎控除額(33万円)+26万5,000円×世帯の加入者(被保険者)数を超えない世帯
2割軽減 基礎控除額(33万円)+48万円×世帯の加入者(被保険者)数を超えない世帯

※年金所得の場合、総所得金額から15万円が特別控除されます。


所得割額

所得割額を負担する方のうち、基礎控除後の総所得金額が58万円以下(年金収入のみの場合は、その収入が211万円まで)の方は、所得割額が5割軽減されます。


被扶養者だった方の軽減

後期高齢者医療制度に加入する日の前日において、被用者保険(社会保険、共済組合、船員保険など)の被扶養者であった方は、保険料の所得割額はかからず、均等割額が9割軽減されます。

次のような場合は、届出をしてください。

こんなときは届出を届出に必要なもの
一定の障害のある方が65歳になったとき、または65歳を過ぎて一定の障害のある状態になったとき(後期高齢者医療制度へ加入する場合) 障害者手帳または障害年金証書・健康保険証・印鑑
他の市区町村に転出するとき 被保険者証
他の都道府県から転入してきたとき 負担区分等証明書
生活保護を受けるようになったときや、健康保険の資格を失ったとき 被保険者証・保護開始決定通知書・印鑑
死亡したとき 被保険者証・印鑑
葬祭費の申請 葬儀を行った方(喪主)の預金通帳・印鑑・葬祭の領収書または会葬礼状(喪主の方の確認ができるもの)
被保険者証を紛失・破損したとき 印鑑・ご本人を確認できるもの(免許証・預金通帳など)

被保険者証などの再交付や高額療養費などの受領には、本人確認をさせていただきます。代理人の場合は、代理人の身分確認と委任状が必要となります。


確認できるもの:運転免許証・パスポート・写真つきの住民基本台帳カードなど

千葉県後期高齢者医療広域連合ホームページ


お問い合わせ いすみ市役所 市民課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ