TOP  >  市民の暮らし情報  >  認知症サポーター養成講座

市民の暮らし情報

福祉・保険

認知症サポーター養成講座

認知症とは?

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気によるもので、85歳以上では4人に1人にその症状があるといわれています。現在は約210万人ですが、平成52年(2040年)には約400万人まで増加することが予想されています。

認知症サポーターとは?

「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かく見守る応援者です。何か特別なことをする必要はありません。

 自分が住まう地域や職場において、認知症の方やその家族の気持ちを理解するよう務め、自分のできる範囲で手助けをし、認知症サポーターとして応援者になることで、認知症の方や高齢者等が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指します。

認知症サポーター養成講座を開催しませんか?

自治会、学校、商店街、職場、有志の集まりなどに講師(キャラバン・メイト)を派遣し、認知症についての講座を実施します。 

 なお、この講座は認知症の方の介護方法を学ぶためのものではありません。認知症について、詳しい知識が無い方に、認知症を正しく理解していただくための講座です。講座終了後、認知症サポーターの証であるオレンジリングをお渡しします。

サポーターリング.jpg

いすみ市認知症サポーター養成講座開催申込書.xls

認知症サポーター養成講座実施団体

【いすみ警察署】

いすみ警察サポーター.jpg

【銚子信用金庫大原支店】

銚子信用金庫サポーター.jpg

【深堀長寿会】

深堀長寿会サポーター.jpg

【いすみ市役所職員】

認サポ(職員向け).jpg

【いすみやすらぎサロン】

いすみやすらぎサロンサポーター.jpg

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ