TOP  >  市民の暮らし情報  >  高齢者支援事業

市民の暮らし情報

福祉・保険

高齢者支援事業

☆孫の手生活援助事業

75歳以上の高齢者世帯の日常生活における軽易な作業を援助し、作業費用の一部を助成します。

対象者

下記のいずれかに該当する方(世帯)

①75歳以上の一人暮らしで市町村民税非課税の方                        

②75歳以上の高齢者のみの市町村民税非課税世帯

事業における援助作業の種類及び内容
種 類 内  容
家の周りの草取り及び草刈り

利用者が現に居住する宅地の範囲内において、草取り及び草刈りを実施する。

家の周りの生垣及び庭木の手入れ

利用者が現に居住する宅地の範囲内において、生垣及び庭木の手入れを実施する。

家屋、家財、備品等の軽易な修繕及び移動

利用者が現に居住する家屋の範囲内において、家屋、家財、備品等の軽易な修繕及び家財、備品等の移動を実施する。

家庭ごみの収集及び搬出

利用者が現に居住する地域について本市が指定する家庭ごみの収集日に、指定された家庭ごみの収集及びごみステーションまでの搬出を実施する。

日常生活用品の買物

日常生活上必要な用品の買物を代行する。

利用料金(利用者負担)

孫の手生活援助事業における指定事業者の設定料金となります。

なお、作業内容、作業時間等により利用料金は異なります。利用者には、事業者及び利用料金が掲載された資料を渡します。

助成金額

利用者には、年間6,000円相当分の助成券を交付します。

孫の手生活援助利用申請書

《市では、援助作業に係る指定事業者を随時募集しています。》

本事業の援助作業を実施してくれる事業者は、申請書に下記の必要書類を添えて健康高齢者支援課に提出してください。(審査の上、市と協定を締結します。)

必要書類

①法人にあっては、法人登記事項証明書又は法人登記簿謄本 1通

②個人事業者にあっては、代表者の住民票 1通

③登録に係る孫の手生活援助の種類、利用料金等を記載したパンフレット等 1部

指定事業者登録申請書

☆独居者等介護用品支給事業

常時、介護用品を使用する要介護3・4・5の方で、介護する同居家族のいない市町村民税非課税の在宅の独居者等を対象に、紙おむつや尿とりパット等の介護用品と引換できる給付券を交付します。在宅で一人暮らしの要介護者に対して、経済的負担の軽減や在宅福祉の増進を図ります。

対象者

常時、介護用品を使用する要介護3・4・5と判定され、在宅で一人暮らしの市町村民税非課税の方。

引換金額

①要介護3の方は、月額3,000円(給付券として交付します。)

②要介護4・5の方は、月額6,000円(給付券として交付します。)

支給対象となる介護用品の種類

紙おむつ、尿取りパット、清拭剤、使い捨て手袋、ドライシャンプーその他日常の介護用品として使用する消耗品

独居者等介護用品支給申請書

☆家族介護用品支給事業

常時、介護用品を使用する要介護3・4・5の方を、在宅で介護している市町村民税非課税世帯の同居家族を対象に、紙おむつや尿とりパット等の介護用品と引換できる給付券を交付します。在宅で介護している家族に対して、経済的負担の軽減や在宅福祉の増進を図ります。

対象者

常時、介護用品を使用する要介護3・4・5の方を在宅で介護している、市町村民税非課税の同居家族の方。

引換金額

①要介護3の方を介護している場合は、月額3,000円(給付券として交付します。) 拡充

②要介護4・5の方を介護している場合は、月額6,000円(給付券として交付します。)

支給対象となる介護用品の種類

紙おむつ、尿取りパット、清拭剤、使い捨て手袋、ドライシャンプーその他日常の介護用品として使用する消耗品

家族介護用品支給申請書

☆見守りあんしん電話事業

常時ひとり暮らしで、継続して安否の確認を必要とする75歳以上のひとり暮らしの高齢者等に対し、見守りあんしん電話装置一式を自宅に設置して在宅時の見守りをします。

対象者

常時ひとり暮らしで、継続して安否の確認を必要とする75歳以上の方又は重度身体障害者                        

(利用者の居宅には、電話が設置されていることを要します。)

事業の内容
内  容
空間(人感)センサー

在宅時の利用者の動きを感知し、24時間動きがないときは、警備会社に自動通報され、市内で待機する警備員が駆け付けて安否確認します。

緊急通報装置

緊急時に非常ボタンを押すと自動的に警備会社に通報でき、市内で待機する警備員が駆け付けて対応します。必要な場合は、消防機関へ救急出動要請をします。

火災センサー

台所の天井に設置し、24時間火災を監視し、火災発生の際は警備会社へ自動通報され、市内で待機する警備員が駆け付けて安否確認します。

ヘルスケアサービス

健康や介護に関する相談を24時間体制で、電話にて対応します。

利用者負担

見守りあんしん電話装置一式の貸与は無料です。

非常ボタンで通報した時などの通話料が自己負担となります。

見守りあんしん電話システム概要

見守りあんしん電話事業利用申請書及び登録明細書

※利用申請書及び登録明細書に必要事項を記入のうえ、提出してください。

※受託業者:綜合警備保障㈱アルソック 成田支社

☆高齢者救急医療情報キット配布事業

病気や災害時に迅速かつ適切に救急医療活動を受けられる体制を整えるため、65歳以上のひとり暮らし又は高齢者のみの世帯の希望者を対象に、救急医療情報キットを無料配布します。

救急医療情報キット(パンフレット)

高齢者救急医療情報キット配布申請書

お問い合わせ

大原庁舎 健康高齢者支援課 高齢者支援班 0470-62-1118
夷隅庁舎 地域市民班 0470-86-2112
岬庁舎   地域市民班 0470-87-2113


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ