TOP  >  市民の暮らし情報  >  子どもの健診・教室

市民の暮らし情報

福祉・保険

子どもの健診・教室

4か月児健康診査(集団健診)

赤ちゃんの発育発達の確認、疾病の早期発見など、健康の保持増進のために行います。

健診では内科診察、身体計測のほか、保健師・栄養士・歯科衛生士が相談に応じます。対象のお子さんがいるご家庭には個別通知します。

もぐもぐ教室(離乳食教室)

生後6か月のお子さんを対象に離乳食の相談や試食、身体計測、子育ての相談を行います。対象のお子さんがいるご家庭には個別通知します。

ひよこ教室

生後9か月のお子さんを対象に、保健師・栄養士・歯科衛生士の集団講話、個別相談、身体計測、離乳食の試食等を実施します。対象のお子さんがいるご家庭には個別通知します。

9~11か月児健康診査(個別健診)

母子健康手帳別冊に入っている乳児一般健康診査受診票を使って、生後9~11か月の間、千葉県内の医療機関で健康診査を1回無料で受けられます。

お子さんが対象月齢に達しましたら、医療機関にお電話で健診の予約をし、受診当日は母子健康手帳と受診票を持参してください。

1歳6か月児健康診査(集団健診)

1歳6か月ごろは、生活習慣の自立やむし歯予防のために大切な時期です。

健診では、内科・歯科診察、身体計測のほか、保健師・栄養士・歯科衛生士が相談に応じます。対象のお子さんがいるご家庭には個別通知します。希望者には歯科相談時にフッ素塗布を行います。

3歳児健康診査(集団健診)

3歳になると保育所に入るなどお友達と遊ぶことが多くなり、社会のルールや道徳を身につけていきます。

健診では、内科・歯科診察、身体計測のほか、尿・視聴覚検査を行い、保健師・栄養士・歯科衛生士が相談に応じます。対象のお子さんがいるご家庭には、お子さんが3歳5~7か月のころ個別通知します。
希望者には歯科相談時にフッ素塗布を行います。

歯っぴー健診

歯科健診・フッ素塗布を行います。

1歳、1歳6か月※、2歳、2歳4か月、2歳8か月、3歳、3歳5か月※、4歳に保健センターで歯科健診・フッ素塗布を行います。対象のお子さんがいるご家庭には個別通知します。                           ※1歳6か月は1歳6か月児健康診査にて、3歳5か月は3歳児健康診査にて希望者にフッ素塗布を行います。

上記集団で受診できなかった場合はお一人1回、市内契約歯科医院で歯科健診・フッ素塗布が無料で受けられます。
ご希望の方は事前に受診券の申請が必要です。保護者の方が母子健康手帳・印鑑をご持参のうえ、大原庁舎大原保健センターまでお越しください。

かるがも相談

乳幼児の発達・育児に関する心配ごとやお悩みに臨床心理士や心理相談員が応じ、言葉の相談には言語聴覚士が応じます。
相談は予約制です。詳細は大原保健センターにお問い合わせください。

こあらくらぶ(療養相談・遊びの教室)

発育や発達に心配や不安のあるお子さんと、その保護者の方のための教室です。
遊びを通してお子さんの育ちを応援します。また、発育発達の専門の相談員に気軽に相談できます。
参加は予約制です。希望する方は福祉課、または大原保健センターにご連絡ください。

各種健診の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
H29 母子保健事業お知らせ.pdf(母子)


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ