TOP  >  市民の暮らし情報  >  乳児ボツリヌス症について

市民の暮らし情報

乳児ボツリヌス症

乳児ボツリヌス症について

ハチミツをあげるのは1歳をすぎてから!

1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。   

乳児ボツリヌス症 

1歳未満の乳児が原因食品とともにボツリヌス菌を摂取し、その芽胞が腸管内で増殖し、毒素を産生することで発症します。ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、加熱処理では死滅しません。ハチミツが主な原因食品です。土壌に存在する菌なので、過去に井戸水が原因でボツリヌス症を発症したこともありました。

1歳未満の乳児は腸内環境が不安定で、ボツリヌス症への抵抗力が低いと考えられています。1歳を超えると腸内環境が安定し抵抗力がつくために発症しなくなります。

乳児ボツリヌス症の症状

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が弱くなるなど。

重症では、呼吸困難、呼吸停止がおこります。

予防のポイント

1歳を過ぎるまではハチミツ入りの飲料やお菓子なども与えないようにしましょう。

*ハチミツが含まれる黒蜜やシロップもありますので、購入の際は原材料を確認しましょう。

ミルクを作るときは井戸水は使わずに水道水を使いましょう。

関連情報

ハチミツを与えるのは1歳をすぎてから(厚生労働省)

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ