TOP  >  市民の暮らし情報  >  いすみ市地震防災マップ

市民の暮らし情報

防災・災害・防犯

いすみ市地震防災マップ

市では、いすみ市耐震改修促進計画に基づき、地震に対する意識向上を図るため、既存建築物の耐震化の促進及び地震に対し安全・安心なまちづくりを目的に、地震による揺れやすさと建物の倒壊しやすさの評価を行い、いすみ市地震防災マップ(揺れやすさマップ及び地域危険度マップ)を作成しました。

※参考資料:「地震防災マップ作成技術資料(内閣府、平成17年)」

マップの種類 マップの概要
揺れやすさマップ

地域の揺れやすさ(メッシュごとの揺れやすさ)

地域危険度マップ

建物被害の危険度(メッシュごとの建物が全壊すると予想される割合)

※メッシュ:いすみ市内を一定50mごとに区切った各区


揺れやすさマップ

マップの作成

いすみ市全域の地震による地域の揺れやすさを「地盤状況」と「そこで起こり得る地震」の両面から評価し、地震動の強さで表したマップ(下表に示す、想定地震ごとに作成した「地表での震度」を重ね合わせて、最大となる震度を抽出したマップ)を作成しました。

地震の種類 想定地震 予測される震度
①活断層で発生するM7.0以上の地震

鴨川低地断層帯(M7.2程度)

震度5弱~5強
②海溝型地震(プレート境界型等)

東京湾北部地震(M7.3)

震度5弱~5強
③全国どこでも起こり得る直下の地震

いすみ市直下の地震(M6.9)

震度6強程度

マップのダウンロード

各地区の揺れやすさマップがダウンロードできますので、ご確認ください。


地域危険度マップ

マップの作成

揺れやすさマップの震度分布と建物データ(メッシュごとの構造別・建築年次別建物棟数比率データ)から、各メッシュの震度に応じた建物全壊棟数率を算定し、マップを作成しました。

下表は、構造別・建築年次別に区分された6種を表します。

木造建物 非木造建物
S35以前 S36-S55 S56以降 S35以前 S36-S55 S56以降

※非木造建物:土蔵、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、軽量鉄骨造、レンガ造、コンクリートブロック造、石造


マップのダウンロード

各地区の地域危険度マップがダウンロードできますので、ご確認ください。



PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 建設課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ