TOP  >  いすみの魅力  >  ーアカウミガメ上陸・産卵の現況ー

いすみの魅力

自然・特産品

ーアカウミガメ上陸・産卵の現況ー

 9月に入っても厳しい暑さが続く中、ウミガメ保護監視員、ウミガメ保護ボランティアの皆さんは、一日も欠かさず、夜明け時からの漂着ゴミ拾いを伴う海岸パトロールを続けています。市職員も参加し行っていますが、今年度親ガメの上陸に4回も出会い観察できたことは、夜明け時からの活動の賜物と実感しました。早朝でも蒸し暑い砂浜で毎日の漂着ゴミ拾いは大変です。9月20日現在、夷隅川河口北岸、和泉浦及び日在浦に上陸14回、うち産卵は6回ありました。
 産卵を確認すると保護囲いを設置し、市民の皆様と見守っています。8月末からは子ガメの孵化脱出があり、次々太平洋へ旅立っています。
 去る8月24日、NHKーFMラジオ生放送に、森谷ウミガメ保護監視員と市職員が出演し、「いすみ市アカウミガメ保護活動について」30分お話ししました。
 海で暮らし陸に上がって産卵するウミガメの生存は、地球の自然環境保護の象徴です。漂着ゴミ拾いなくして、ウミガメ保護活動はあり得ないため、市では皆様にご理解とご協力をお願いしています。
                                                                         

P7150010(syuku.JPG          写真1:「産卵巣」
             産卵を確認、保護囲いと案内板を設置し  
             子ガメの旅立ちまで見守っています。

                  

                                                                       moriya_kogame90911[1]no1.JPG       写真2:「夜間 子ガメの孵化脱出、旅立ちを観察」
            左からウミガメ保護ボランティア、ウミガメ
            保護監視員、市職員。                                                                        

 

 

 

お問い合わせ いすみ市役所 農林課 電話番号はこちら
ページの先頭へ

ページトップへ