TOP  >  いすみの魅力  >  ―平成24年度アカウミガメのための活動を終えて― 

いすみの魅力

自然・特産品

―平成24年度アカウミガメのための活動を終えて― 

第一回産卵巣.JPG5月12日 第1回産卵巣の前にて

 

 今年度の初上陸・産卵は記録を取り始めてから最も早いものとなり、最終上陸・産卵についても最も遅い記録を更新しました。

 

6月29日.JPG 6月29日 産卵を終え帰海するアカウミガメを見守るウミガメ保護監視員、ボランティア、市職員  今年度は例年以上に出会う機会が多くありました。

 

 今年度のアカウミガメの上陸は45回(昨年度比3倍)、産卵は33回(昨年度比5倍)、孵化・脱出し太平洋へ旅立った子ガメは2,000匹を超え(昨年度比7倍)、記録の残る2001年以降で最も多く、また市民の皆様のご理解、ご協力も増し活気にあふれた1年となりました。

 5月1日から11月19日まで約7カ月に及び、ウミガメ保護監視員、アカウミガメのためのビーチクリーンボランティアの皆さんと共に毎日夜明け時から一日も欠かすことなく漂着ゴミ拾いを伴う海岸パトロールを行ってきました。

 アカウミガメのシーズンでなくても、ウミガメ保護監視員やボランティア、また海岸近くにお住まいの市民の方々は、年間を通じて漂着ゴミ拾いや流竹木の集積をして下さっています。

 今後とも皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

水門下看板.bmp     日在浦、和泉浦、夷隅川北岸に設置してあるウミガメ保護を呼び掛ける看板

お問い合わせ いすみ市役所 農林課 電話番号はこちら
ページの先頭へ

ページトップへ