TOP  >  いすみの魅力  >  太東海浜植物群落

いすみの魅力

自然・特産品

太東海浜植物群落

太東海浜植物群落とは

太東海浜植物群落

太東海浜植物群落(たいとうかいひんしょくぶつぐんらく)は、約60kmにおよぶ九十九里浜の南端に位置し、大正9年7月に日本で最初の国指定天然記念物に指定されました。指定された当時は、広大な砂浜と安定した砂丘、砂丘背後にクロマツや常緑広葉樹からなる景観が海浜固有の特殊な生態系とともに評価されました。

激しい海食により海岸線が後退したため、指定当時は5haあったという群落は、現在では小規模になりました。後退しながらも現在、見られる植物は、トベラ、ヤブニッケイ、マルバグミ、テリハノイバラ、ハマヒルガオ、ハマエンドウ、ハマボウフウ、ラセイタソウ、ハマニガナ、コウボウムギ、ケカモノハシなどがあり、海浜特有の生物相が見られます。

太東海浜植物群落をとりまく環境

コアジサシ

初夏になると、カモメの仲間であるコアジサシが夷隅川河口に飛来します。千葉県内では東京湾岸の埋立地のほか、いすみ市を含む九十九里地域で繁殖しています。砂浜に営巣し、群れで生活します。

コアジサシは、環境省で作成しているレッドリスト・レッドデータブック(RDB/日本の絶滅のおそれのある野生生物の種についてそれらの生息状況等をとりまとめたもの)において、絶滅危惧II類に位置づけられています。絶滅危惧II類とは、個体数の減少、生息条件の悪化等で絶滅の危険が増大している種を指し、近い将来、絶滅の危機に瀕してしまうことが確実と考えられています。

コアジサシコアジサシコアジサシの卵

太東海浜植物群落を正面に見て左手には、夷隅川河口の砂浜が広がり、ハマヒルガオやハマボウフウなどの海浜植物が多く見られますが、初夏になると砂地ではコアジサシの子育てが始まります。コアジサシは砂地に直接1~4個の卵を産みます。卵は保護色により、遠くから見ると分かりにくくなっています。このため、繁殖地と気づかず進入する人も少なくありません。

コアジサシは広く平坦な河原や砂浜で営巣しますが、このような場所が限られていることなどから、個体数が減少しています。いすみ市でも夷隅川河口の砂浜でしか見られませんが、人の立ち入りなどにより繁殖に影響があることが懸念されています。

太東海浜植物群落を訪れるには

  • JR外房線太東駅下車、徒歩40分
  • 車では、国道128号線を下り「太東灯台入口」信号を海側へ左折、そのまま海岸まで道なり

太東海浜植物群落地図

お問い合わせ いすみ市役所 教育委員会 生涯学習課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ