TOP  >  事業者向け情報  >  中間前金払制度の導入について

事業者向け情報

入札・広告事業

中間前金払制度の導入について

建設業を取り巻く経営環境が依然として厳しい状況を踏まえ、受注者の資金調達の円滑化を図ることで、事業経営の安定化につなげること目的として、当初の前払金に加え、一定の要件を満たした場合、契約金額の10分の2以内の額を限度として支払う中間前金払制度を平成29年4月1日より導入します。

対象工事

請負代金額が1件当たり130万円以上の工事(前払金対象工事と同様)。
※平成29年4月1日以降に契約を締結する工事から適用します。

請求要件

1 当初の前払金の支出を受けていること。

2 工期の2分の1を経過していること。

3 工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべき作業が行われていること。

4 既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負代金額の2分の1以上の額に相当するものであること。

請求手続

1 受注者は、工事担当課に中間前金払認定申請書(様式第1号)及び工事履行報告書(様式第2号)を提出してください。

2 中間前払金の要件に該当しているか審査のうえ、要件を満たしていると認めた場合、中間前金払認定通知書(様式第3号)を発行します。

3 受注者は、認定通知書を添えて、保証事業会社に保証契約の申し込みをしてください。

4 受注者は、保証事業会社が発行した保証証書を添えて、工事担当課に中間前払金の請求書を提出してください。

いすみ市公共工事に要する経費の前金払及び中間前金払取扱要領.pdf

中間前金払認定申請書【様式第1号】

中間前金払認定申請書【様式第1号】記載例.pdf

工事履行報告書【様式第2号】

工事履行報告書【様式第2号】記載例.pdf

中間前金払認定通知書【様式第3号】

中間前金払認定通知書【様式第3号】記載例.pdf


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 財政課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ